梅田の風俗・ホテヘル【スパーク梅田】

梅田の風俗・ホテヘルなら未経験娘在籍店【スパーク梅田】 > コラム > 風俗嬢を自宅に呼びたい!デリヘルを家に呼ぶ際の3つの注意点

風俗嬢を自宅に呼びたい!デリヘルを家に呼ぶ際の3つの注意点

出張ヘルス・派遣ヘルスなどのデリヘルでは、自宅に風俗嬢を呼び、プレイを楽しむことができます。自宅に風俗嬢を呼ぶことで初心者でも落ち着いてプレイでき、擬似的な恋人気分を楽しむことも可能です。
しかし、風俗嬢を自宅に呼ぶ際には、守るべき注意点がいくつかあります。注意点を守らずに風俗嬢を呼ぶことにはさまざまなリスクが伴うため、注意しましょう。

この記事では、風俗嬢を自宅に呼びたい人に向けて、自宅デリヘルの注意点やマナーを解説します。風俗嬢からよい対応を受け、満足度の高い時間を過ごすための知識として、ぜひ参考にしてください。

1.【風俗嬢を呼ぶ前に】自宅デリヘルの禁止事項

男性の自宅に出向く風俗嬢は、多かれ少なかれ、さまざまな不安を持ちます。風俗嬢の不安を払拭するためには、自宅デリヘルの禁止事項をきちんと守り、安心してプレイできる環境を作ることが大切です。

自宅デリヘルの禁止事項には、以下のような内容が挙げられます。

  • ビデオカメラやスマホによる盗撮行為
  • テープレコーダーによる盗聴行為
  • 個人的に用意した道具(いわゆる大人のおもちゃ)などの使用
  • 本番行為の強要

道具などの使用を希望する人は、予約の電話の際に伝えて、オプションを追加する必要があります。そうすることで、風俗嬢が道具などを持参してくれるため、希望のプレイを楽しむことが可能です。

盗撮や盗聴行為に及んだ場合は、風俗店側の規定する罰金・罰則が適用されます。警察に通報されて前科がつく可能性もあるため、盗撮・盗聴を疑われる行為もしないよう、自分自身の行動を制御しましょう。

2.風俗嬢を自宅に呼ぶメリット

風俗嬢を自宅に呼ぶことにより、ラブホテル代を節約できます。ラブホテル代の浮いた分を延長料金に回すことで、普段以上にゆっくりと遊ぶことが可能です。ラブホテル代が浮いた分をオプション料金に回せば、非日常的なプレイを楽しめるでしょう。

そのほか、以下のような内容も、風俗嬢を自宅に呼ぶメリットです。

  • 自分自身がリラックスできる空間で、プレイを楽しむことができる
  • パートナーと過ごすようなシチュエーションで、プレイに臨むことができる

ロングコースを選択すれば、風俗嬢と食事をとる・マッサージを受ける・テレビを観るなど、よりプライベートに近いシチュエーションを楽しむことができます。お気に入りの風俗嬢と恋人同士・新婚夫婦のように過ごす時間は、自宅デリヘルならではの楽しみです。

ホテルから自分のアパートやマンションまで移動する必要がなく、プレイ終了後はそのまま就寝することができるため、思い切りプレイを楽しんだりお酒を飲んだりしても問題ありません。

2-1.風俗嬢を自宅に呼ぶデメリット

風俗嬢を自宅に呼ぶ方法では、後片付けを自分自身でこなさなくてはなりません。「シーツや布団カバーの取り替えが面倒」と感じる人はラブホテルに移動し、好みのプレイを楽しみましょう。

そのほか、以下のような内容も、風俗嬢を自宅に呼ぶデメリットです。

  • 一人暮らし以外の人は、同居人や家族の目が気になる
  • ペットを飼っている場合は、呼べる風俗嬢が限定されるケースもある
  • 隣の部屋への音漏れが気になり、声の大きさやプレイ内容が制限される

なお、風俗嬢を自宅に呼んだとしても、個人情報が流出する恐れはありません。法律を守って営業する健全な風俗店では、男性のプライバシーにも配慮しているため、トラブルに巻き込まれることなく、安全に遊ぶことができます。

3.風俗嬢を自宅に呼ぶときの3つの注意点

男性はお金を払って風俗嬢を呼ぶ立場とはいえ、相手に対する最低限の気遣いやおもてなしの心は必要です。風俗嬢も人間である以上、マナーを守って遊ぶ男性に好感を持ち、「よりよいサービスを提供しよう」と努力します。風俗嬢から質の高い接客を受けるためにも、自宅に呼ぶときの注意点を把握して、イメージアップをねらいましょう。

風俗嬢を自宅に呼ぶときに最低限守るべき注意点は、以下の3点です。

3-1.風俗嬢が来る前に部屋を掃除する

まず1つ目の注意点は、風俗嬢が来る前に部屋や水回りを掃除して、衛生面に気を配ることです。とくに、玄関・浴室・トイレ・寝室の清潔感には気を配り、風俗嬢が安心してプレイできる環境を提供します。

<場所別の掃除のポイント>

玄関
  • 靴を揃える
  • 散らかっている靴は靴箱に入れる
  • 砂埃が目立つ場合は、掃き掃除をする
浴室
  • 排水溝に詰まった髪の毛を取り除く
  • 鏡を磨く
  • お風呂やタイルのカビを落とす
トイレ
  • トイレットペーパーを補充する
  • トイレの蓋を閉める
  • 便器やトイレタンクの汚れを落とす
寝室
  • ベッド周りのゴミを捨てる
  • 消臭剤やアロマで臭いを消す
  • 布団カバーやシーツを取り替える

あまりにも部屋が汚い場合は、風俗嬢の判断で、プレイを拒否される可能性があります。1回目は利用できても、2回目以降は利用禁止と言われるケースもあるため、注意しましょう。

3-2.綺麗なバスタオルを2枚用意する

次に2つ目の注意点は、綺麗なバスタオルを2枚用意することです。自分のタオルを使い回したり穴のあいたタオルを手渡したりすることは、マナー違反にあたります。一部のお店では風俗嬢にバスタオルを持参させることがあるものの、「備えあれば憂いなし」です。プレイの前後に使用できるように、綺麗なバスタオルを2枚用意して、訪問に備えてください。

念には念を入れて風俗嬢を呼びたい人は、新品のバスタオルを渡してあげると好印象です。警戒心の強い風俗嬢の中には「渡されたタオルは本当に洗濯済みか」「不衛生な状態でないか」と考える女性もいるため、使用済みのバスタオルではなく、新品を渡します。
また、バスタオル以外にティッシュとボディーソープも男性側で用意が必要な備品です。ティッシュはベッドの周りに置き、プレイ後すぐに使用できるように準備しましょう。

3-3.冷房・暖房器具で快適な室温にする

最後に3つ目の注意点は、冷房・暖房器具で室温を調整し、暑さ・寒さを感じさせない環境に整えることです。男性と女性では体感温度が異なるため、風俗嬢が到着した際、「暑くないか(寒くないか)」と確認する方法もよいでしょう。
男性の中には、夏の電気代を節約する目的で冷房の使用を避け、窓を開ける人もいます。しかし、窓を開けたままプレイする行為に対して抵抗を示す風俗嬢は多いため、窓を閉めて冷房をつけることをおすすめします。

また、人の体感温度は、動きの激しさによっても変化します。風俗嬢に積極的に攻めてもらう場合、プレイ中に風俗嬢が「暑い」と感じることがあるため、適時調整してください。反対に男性が積極的に攻める場合、受け身に回った風俗嬢が「寒い」と感じるケースもあります。寒がる様子が見られた場合は設定温度を上げ、風俗嬢に合わせてあげる配慮も必要です。

4.風俗嬢を自宅に呼ぶことが面倒に感じたときは?

先に紹介したように、風俗嬢を自宅に呼ぶ際には、さまざまな準備・配慮が必要です。風俗嬢を自宅に呼ぶ方法が面倒に感じる場合はラブホテルを利用し、楽しい時間を過ごしましょう。

ラブホテルでプレイを楽しむ方法には、デリヘルだけでなく、ホテヘルを利用する方法もあります。ホテヘルとは、受付所に行って風俗嬢を選び、近隣のラブホテルに移動した後、プレイに入るスタイルのお店です。受付所では、モザイクなし写真またはモザイクの薄い写真を確認できるケースが多く、自分好みの風俗嬢を探せます。

「ホテヘルの優良店が分からない」という男性には、ホテヘルスパーク梅田店がおすすめです。ホテヘルスパーク梅田店には、スレンダー系からギャル系、素人系、巨乳系まで、さまざまな女性達が在籍しているため、自分の好みに合う風俗嬢を選べます。
また、ホテヘルスパーク梅田店の受付所は各線梅田駅・大阪駅のすぐ側に位置し、交通アクセスが良好です。公式ホームページには親切な道案内が掲載されているため、大阪の土地勘のない人でも問題なく受付所にたどりつけるでしょう。

まとめ

風俗嬢を自宅に呼ぶメリットとデメリット、注意点を解説しました。自宅に風俗嬢を呼ぶことには、恋人気分を楽しめること・リラックスした状態でプレイできることなどのメリットがあります。その反面、さまざまな準備が必要であったり近所の目が気になったりするというデメリットもあるため、ホテヘルとの使い分けがおすすめです。

スパーク梅田店は、0時前まではホテヘル・0時以降はデリヘルとして運営しています。梅田エリアでホテヘル・デリヘルを使いたい人は、ぜひスパーク梅田店を利用しましょう。

PAGE TOP