梅田の風俗・ホテヘル【スパーク梅田】

梅田の風俗・ホテヘルなら未経験娘在籍店【スパーク梅田】 > コラム > ホテヘルとデリヘルの違い|風俗初心者必見!

ホテヘルとデリヘルの違い|風俗初心者必見!

風俗店に通う手間や時間が惜しいときは、ホテヘル(ホテルヘルス)やデリヘル(デリバリーヘルス)が便利です。どちらも女の子のほうが指定した場所へ来てくれるため、知り合いと遭遇する可能性もなく、気軽に利用することができます。

ホテヘルとデリヘルは一見似ているように見えるため、風俗初心者の人にとって、違いがわからないと感じることも少なくありません。

実際にどのような点が異なっているのか、この記事ではホテヘルとデリヘルの違いについて、メリットとデメリットを交えて解説します。両者の違いを知りたい人は参考にしてください。

1.デリヘルとホテヘルの5つの違い

デリヘルもホテヘルも、いわゆる派遣型風俗店に分類されます。オナクラなどのように店舗内の個室でサービスを受けるものではなく、指定した場所に女の子が訪れるタイプのヘルスサービスです。

2種類のサービスの主な違いは、女の子を派遣してもらう場所のみだと思う人も多いのではないでしょうか。しかし、デリヘルとホテヘルでは、他にも異なる要素が多くあります。

ここでは、デリヘルとホテヘルの違いを5つの項目に分け、メリットやデメリットと合わせて解説します。

1-1.プレイ内容

デリヘルとホテヘルで、プレイ内容に大きな違いはありません。60分コースなどプレイ時間を選び、以下のような基本サービスを受けます。

  • ・キス(ディープキス含む)
  • ・全身リップ
  • ・フェラ
  • ・手コキ
  • ・クンニ
  • ・ローションプレイ
  • ・69
  • ・素股

店舗によって多少サービス内容が異なる場合もあるため、メニューやシステムについての解説を必ずチェックしましょう。上記の他にも、有料オプションとして顔射やコスプレ、写真撮影などが楽しめます。(無料オプションの場合もあり)

1-2.女の子を予約する方法

デリヘルとホテヘルの大きな違いのひとつが、予約方法です。デリヘルの場合は電話1本で好みの女の子を派遣してもらえますが、ホテヘルは電話のみで予約することができません。

ホテヘルを利用するときは、以下の流れで女の子を予約する必要があります。

  • ・専用の受付所を訪ねる
  • ・好みの女の子を指名する
  • ・受付所で料金を先払いする
  • ・ホテルで女の子を待つ

受付所へ足を運ぶことをデメリットに感じる人もいますが、実際はメリットも多いシステムです。

指名するために用意された女の子の写真は、不特定多数の人間に見られるインターネット上の画像とは異なり、大半がモザイク処理のされていない写真です。受付所で実物に近い写真をチェックできるため、デリヘルのように女の子と対面した後にチェンジする手間もかかりません。

1-3.プレイする場所

デリヘルとホテヘルは、女の子を呼べる場所も異なります。たとえば、デリヘルはホテルの他に自宅やレンタルルームへ呼ぶことができますが、ホテヘルはホテルのみです。
派遣方法や予約方法の違いもあり、以下のようにプレイする場所は異なります。

  • ・デリヘル…車で移動できる場所への派遣も可能
  • ・ホテヘル…基本的に受付所近隣のホテルのみ

デリヘルのメリットは、自宅にも呼べるため恋人気分をよりリアルに味わうことができる点です。ただし女の子はバスルームを使用するため、プレイする部屋はもちろん、バスルームなどもあらかじめ掃除しておく必要があります。

ホテヘルのメリットはホテルのみを使用するため、掃除の手間がかからない点です。店舗によっては近隣のホテルと提携しており、ホテル代込みで安く利用できることもあるため、予約時は料金内容をこまかく確認しましょう。

1-4.プレイする場所までの移動法

デリヘルは電話で女の子を指定の場所へ呼ぶため、一緒に移動することは多くありません。ホテルの部屋へ呼ぶ場合も先に男性が部屋をとり、電話で店側へホテル名や部屋番号を伝え、待機場所から派遣される女の子を待ちます。

まれに男女が時間差で入室することを禁止しているホテルもあるため、事前確認が重要です。該当するホテルを利用するときは、予約時に近隣のコンビニやホテルの前で待ち合わせを希望すると問題なく入室できます。

ホテヘルは受付所で女の子を指名したあと、受付所の近くで待ち合わせたり、受付所から女の子と一緒にホテルへ行ったりすることがほとんどです。店舗によっては、受付所で女の子を指名したあと、男性が先にホテルへ入室することもあります。

1-5.営業時間

デリヘルとホテヘルはどちらも女の子を派遣するタイプの風俗店ですが、店舗を構えているか否かの違いがあります。風営法が関係しており、それぞれ営業時間は以下のとおりです。

  • ・デリヘル…24時間営業可能
  • ・ホテヘル…深夜0時まで営業可能

電話で女の子を呼べるデリヘルは、店舗や受付所を構えていない「無店舗型風俗店」に分類されるため、24時間いつでも営業可能というメリットを持っています。
対して受付所を構えているホテヘルは店舗型風俗店にあたり、風営法が定めた営業時間を守らなくてはなりません。深夜0時以降は営業することができないため、利用時には注意が必要です。

2.デリヘルとホテヘルどちらの方が安くプレイできる?

デリヘルの場合は女の子を自宅に呼ぶ他、ホテルやレンタルルームへ呼ぶこともできるため、呼ぶ場所によって料金が変動します。ホテヘルもホテル代が料金に含まれているか否かで異なり、デリヘルとホテヘルの利用パターン別に料金内訳を解説すると、以下のとおりです。

利用サービス 料金の内訳
デリヘル(自宅)基本のコース料金・デリヘル嬢の交通費
デリヘル(ホテル)基本のコース料金・デリヘル嬢の交通費・ホテル代
ホテヘル(ホテル代込み)基本のコース料金
ホテヘル(ホテル代別)基本のコース料金・ホテル代

地域ごとの相場によりますが、最も安く利用できるサービスはデリヘル嬢を自宅へ呼ぶ遊び方です。デリヘルの中には交通費無料エリアを設けているところも多く、無料エリア内であれば部屋代に加え交通費も支払う必要がありません。

最も高額となる遊び方は、デリヘル嬢をホテルやレンタルルームへ呼ぶ方法です。ホテル代を別途支払わなくてはならない点はホテヘルと同様ですが、女の子の交通費の有無などが異なります。

3.デリヘルとホテヘルのどっちを選ぶ?

デリヘルとホテヘルは予約システムや料金の内訳などで異なる点もありますが、プレイ内容に差はないため、その他の要素で比較して自分に合ったサービスを選びましょう。

最後に、デリヘルとホテヘルどちらを選ぶか決められない人へ、おすすめのタイプについて解説します。

3-1.デリヘルがおすすめの人

デリヘルはホテル以外の場所へ女の子を呼べるメリットがあるため、以下のような人におすすめです。

  • ・自宅でリラックスした状態で楽しみたい
  • ・自分の部屋に女の子を呼びたい
  • ・プライベート感を味わいたい
  • ・手軽に風俗を楽しみたい

初めて風俗店を利用する人や慣れた環境でプレイに専念したい人は、自宅に女の子を呼べるデリヘルが最適です。見慣れた室内はリラックス状態となりやすく、また「自分の部屋に女の子がいる」というプライベート感を味わうこともできます。

天候や時間に関係なく指定した場所へ来てくれるため、店舗へ行くことが面倒だと感じるような雨や雪の日も、深夜0時以降も利用可能です。

3-2.ホテヘルがおすすめの人

遊ぶ場所が受付所の近隣に限定される条件を加味しても、ホテヘルを利用するほうがメリットを感じられる人もいます。たとえば以下のような人はホテヘルがおすすめです。

  • ・デート気分を味わいたい
  • ・女の子をチェンジする手間を省きたい
  • ・スタッフと交渉を楽しみたい

待機所を併設しているホテヘルは、ホテルまで女の子と一緒に向かうことができ、よりリアルなデート気分を味わうことができます。

また、受付所ではモザイクなしの女の子の写真を参考に指名できるため、女の子をチェンジして新しい子を待つような無駄な時間もありません。おすすめの子や人気の子を聞いて写真を見るなど、スタッフとのコミュニケーションを楽しみたい人にもおすすめです。

まとめ

ここまで、ホテヘルとデリヘルの違いについて、メリットとデメリットを交えて解説しました。

ホテヘルとデリヘルは、基本的なプレイ内容のみを見ると大きな違いはありません。ただし、女の子を呼ぶときのシステムや料金内訳が異なるため、人によっては選び方次第でメリットもしくはデメリットを感じるでしょう。

自宅デート気分を味わいたい人はデリヘルを、掃除の手間を省きたい人はホテヘルを選ぶなど、サービス内容以外の特徴も加味して検討することをおすすめします。

PAGE TOP